犬型のテーブルスタンド……なんだけど、AIBOのように動かないかと思わず期待してしまうデザイン

012701

ブダペストを基盤にして活躍をするElizabeth ZimmererさんとMárton Lentさんによる作品です。

LUMINOSEと名付けられた愛らしい犬型のテーブルスタンド/照明で、公式サイトもオープンしています。

お値段149ユーロ……っていうのは、円にすると……、

約1万9800円。

あれ、思ったより安いですね。デザイン性の高いものなのでもっと高いかと思っていました。

Sponsored Link

012702

思いのほかリーズナブルなこのワンちゃん、照明なので当然電気コードが必要になるわけですが、これがなんともまあ、いい具合に首輪とリードのようになっています。

012703

お座りをしている姿も、いかにも犬っぽい。

012704

遊ぼうと誘っているのか、はたまた伸びをしているのか。

012705

テーブルにのせた時のサイズ感は、案外と小ぶり。

012706

仕事をしているかたわらで、こんな可愛い犬がスタンバイしていたら、面倒な仕事もはかどるというものです。

ただ、ただですね。

ものすごーく欲をいえば、かつてソニーから出ていたペットロボットのあのAIBOのように、ちょっとばかし動いてくれたなら、どんなにか素敵だろうと思うのです。

もちろんこれは照明で、コンセプトからして全く違うのですから、そんなこと考えても仕方ないのですが。

犬っぽい形をした機械モノを見るたびに、いまだに「あぁ、AIBO」と思ってしまう自分がいます。

via DesignSwan.com